高浜町ライフサポートステーション内覧会の報告

高浜町市営住宅内に建設された社会福祉複合施設

「高浜町ライフサポートステーション」(社会福祉法人 山の子会)

の内覧会(11月22日)へ行ってきました。

玄関を入ると吹き抜けのロビー

1階には就労継続支援A型「カフェ ブーケ」があり障がい者の就労の場であり市民の憩いの場となっています。

カフェはドライフラワーが素敵にアレンジされていて内装もとてもおしゃれです。

 

1階には「茶屋高浜保育園」がありここで働いているスタッフのお子さんや一般のお子さんを預けることが出来ます。

また病児保育も行っています。当日朝電話で申し込み、空いていれば利用することが出来ます。

2階は障がい者向けグループホーム「咲楽」(さくら)と障がい者向けショートステイ「のび・のび」があります。

 

一般的なグループホームに比べたら個室がかなり広々しています。

 

お風呂も2か所ありかなり広いです。

ここのグループホームは将来的には自立して生活していけるようにするための訓練の場という意味合いがあるため、ずっと暮らし続けることは出来ないようです(^^;)

調理場もあるのですが、食事は支援者と共に自分で作ることが基本のようです。

ある程度自立している方でないと利用は難しそうですね。

 

同じ2階には24時間障がい者相談支援サービスの事務所

放課後等デイサービス「芦屋アフタースクール」(定員10名送迎あり)

就労継続支援B型「エール」があります。

ここでは4階の家庭菜園の野菜を収穫して袋詰めをしたり、作業をするそうです。

 

3階には未就学児を対象とする児童発達支援センター「あしやみらい」があります。

基本は2歳以上は母子分離で療育活動を行うそうです。

 

 

子供がとても喜びそうな遊具があります。また4階には「あしやみらい」専用の園庭があります(芝生の写真)

各階にはロビーがありこちらは一般の方も利用でき、1階のカフェや4階にも「カフェブーケ」があるので飲み物を持ち込めるそうです。

3階には訪問介護看護、通所介護「ルミエール」があります。

利用は市内限定だそうです。未就学児と高齢者が同じフロアーというのが面白いですね。

 

4階には就労継続支援A型「ドリームクライム」(定員10名)があります。

こちらではカフェ以外の作業、たとえばドライフラワーを使ったハーバリウムやブーケを作る作業などを考えているそうです。

 

「わんにゃんセラピー」室 こちらは予約制で法人が飼育している犬、ねこ、はりねずみ、文鳥と一緒に過ごすことができるそうです。高齢者、障がい者のいる家族が対象です。

↑ふれあい広場「ハートフルガーデン」こちらは一般開放されており自宅のペットとも利用でき、園芸コーナーで植物セラピーを体験できるそうです。

 

この施設は12月オープンだそうです。

1階のカフェは20:30までとなっていますが、要望によっては延長も出来るのでクリスマスパーティーや忘年会、新年会にもお使い下さいとのことでした。

どのセクションもまだ具体的なことは決まっていないようですが、興味がある方は担当者に問い合わせてみられてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
本当に立派な施設でしたね。(^_-)-☆
これからどんな人たちが利用して どんな活動が行われるのか、楽しみに見せていただきたいと思います。
親としてはGHなど利用してほしいと思いますが、どうなりますやら…。
  • まつなが
  • 2018/11/23 10:31 PM
コメントする








   

カテゴリー

Contents

最近のコメント一覧

  • 6月の行事について
    まつなが
  • 高浜町ライフサポートステーション内覧会の報告
    まつなが
  • 平成30年度通常総会
    うたか
  • 平成29年度 阪神地区手をつなぐ育成会 保護者研修会
    BUN3
  • 出品作品を考えておいて下さい
    まつなが

Link

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
最終更新日:2020/09/02