6月の定例会

6月20日(水)に定例会を行いました。(司会:松永 平山)

雨が結構降っていたので出席者は少ないかと思われましたが、いつも来て下さる方、お久しぶりの方、今年度入会された方と多くの参加者がありました。

 

まず、先日の地震の際の子供たちの様子について参加者に報告してもらいました。

地震の時は通勤、通学前であったり既に会社へ到着していたりとそれぞれ状況は違っていましたが、けがもなく比較的落ち着いて対応できていたようでした。出社していた方は帰宅が大変だったようですが、車で迎えにいったりバスと動き出した私鉄に乗り継いで帰宅してきたというしっかり者もいました。

このような非常時にはどうするかといったことを日ごろから考えておく必要があるなあと感じました。

 

その他、以下の内容について報告しました

・今年度の芦屋市手をつなぐ育成会から芦屋市への要望事項と兵庫県への要望事項について

・5/30の総会で行った知的障がいの疑似体験の感想を話してもらう

・8/28の公開講演会「知的障がい者が高齢になった時」について(7月の通信と共に案内を送付予定)

・5/28宝塚手をつなぐ育成会50周年記念式典と基調講演の内容報告

 

次回定例会は 7月18日(水) です。皆様の参加をお待ちしています。


平成30年度通常総会

5月30日(水) 木口記念会館にて総会が行われました。

 

雨の中、お久しぶりの会員さんや今年度入会の新規の会員さん2名、賛助会員の方などバラエティに富んだメンバーに参加いただきました。

総会終了後は知的障がい疑似体験を行いました。

*描いてみよう

*聞いてみよう

*見てみよう

3つのワークショップを行いました。

 

その後の親睦会ではお弁当を食べながら各々の自己紹介及び近況報告等行いました。

普段なかなか顔を合わせることがない、色んな年代の会員さんとお話が出来てとても有意義な時間を過ごすことが出来ました。

以前、障害基礎年金の講師をしていただいた小林氏(社会保険労務士)とその事務所の方にも参加していただきました。

6月よりラポルテの事務所で就労移行支援の事業を始めるそうです。また詳しい情報がわかりましたら通信等でお知らせします。

 

次回の定例会は6月20日(水)です。

ぜひご参加ください。

 


3月定例会の報告

1月の定例会は疑似体験、2月の定例会は相続についての公開講演会だったので

通常の定例会としては今月が今年初めてとなりました。

 

1月の疑似体験の感想を会員さんに聞いてみたところ、みなさんとても良かったとの意見が多かったです。

子供が抱いてる戸惑いを体験できたことで、これまで子供に対してやってきた対応の意味を知ることが出来たとのことでした。

 

2月の相続の講演会は、各家庭で状況は違うため感想も様々でしたが親亡きあとの手立てとしてはエンディングノートの活用が必要であるという認識は共通しているようでした。しかし遺言やエンディングノートを書くタイミングが難しいように感じました。

 

市営高浜町住宅に出来る地域生活支援拠点の説明会についての報告がありました。

11月完成に向けて今後も経過を見守っていくことが必要であるとのことでした。

最後に出席した会員さんの近況報告をお聞きしました。

 

次回の定例会は4月18日(水)です。

 


1

カテゴリー

Contents

最近のコメント一覧

  • 6月の行事について
    まつなが
  • 高浜町ライフサポートステーション内覧会の報告
    まつなが
  • 平成30年度通常総会
    うたか
  • 平成29年度 阪神地区手をつなぐ育成会 保護者研修会
    BUN3
  • 出品作品を考えておいて下さい
    まつなが

Link

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
最終更新日:2020/09/02